平成29年の日本ミツバチ

平成29年の日本ミツバチ

平成29年、今まで20年以上ミツバチ研究をしている中で冬を越したのは3~5回有るが、分蜂回数は1~2回、分蜂をした後、本体の群れはスムシにやられ、つぶれてしまいましたが、今年初めて、年を越して、分蜂も4回、全員を捕まえる事が出来き、全員元気です。元の巣もスムシにやられる事も無く順調です。

1回目は4月18日1時頃、15㎝ほどのかたまりで出て来ました。ハチが止まる止まり台を作って置いたのですが、そこには、止まらず、近くにあるビワの木の曲がった所に止まってしまいました。

2回目は4月23日1時、第一分蜂から1週間目で分蜂です。やはりビワの木の所に15㎝位のかたまりで、止まりました。一回に止まったので、臭いが付いているせいか、同じ所に成りました。

3回目は4月25日11時、突然巣から大量のハチが出て来て、木にも止まらず、すごい勢いで飛び回り、5分ほどで2回目の群れの方へ行き、2回目の群れと合体してしまい、同じ箱に入って行きました。あまりに大きな群れなので、一つの箱に入るとき、入り切れないようでした。3回目は女王蜂は居ない群れだったようです。ハチ同氏はほかの群れの事を知って居るようです。

4日目はそれから2日の4月27日10時、また分蜂をしました。3回目の分蜂の様に勢いが有ったので突然何処かに行ってしまうのでは無いかと思い群れめがけてホースで水を掛けました。すると一気にビワの木に止まりました、木には毎回同じ所に止まるので専用の台を作って置きました、とても楽に作業が出来ました。

今は、全部で4群に成りました、群れは皆、元気に頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です