台東区谷中の日本ミツバチ

台東区谷中の日本ミツバチ

平成29年、今、家で日本ミツバチをビワの木の下で1郡飼育しています。

今までの成功例、失敗例を書き上げて見ます。日にちはミツバチ日記を付けて居るので分かるのですが、段々数が増えて行くと何処がどの群れかを忘れてしまいます。ですから群れに番号を付けるとか、置いた場所の名前を付けるとかが必要に成って来ます。初めは自宅の分蜂郡は記憶出来たのですが、段々数が増えて来ると、分からなく成ってしまいます。これからも、家系図の様な形で付けていくことが大切だと思います。

4月16日に友人の所で分蜂した群れを、1郡貰って来て、ビワの木の下に置きました。しかし飼育している群れと1mしか離れて居ないせいか、女王蜂の出られない網を付けなかったせいか。2日で逃げてしまった。しかしビワの木の下は温度を測って見ると他の木の下より2~3度低いし、日の当たる所より5~10度違います、とても条件が良いのですが、とても狭い場所のです。

4月19日、家で飼育している群れが分蜂をしました。近くに有るビワの木の中央に固まりましたので、木にもぼり箱に入れて今度はモミジの木の下に置きました。2郡目です。

4月24日、6日目にも第2分蜂をしました。やはり、同じビワに木の中央に固まりました。大きさはやはり15㎝ほどの量、止まったのは前と同じ所でした。直ぐに箱に入れて他のビワの木の下に置きました。これで3郡目

第3分蜂は4月26日 3時30分 2日で分蜂しました。突然分蜂が始まったかと思うと、木にも止まらずに、第2分蜂の箱の前まで行き、ぶんぶんしていましたが第2分蜂の箱の中に、あまりのハチの数で、なかなか箱の中に入れない状況でした。ハチの数は第2分蜂の倍ほど、ずっと多かったです。

第4分蜂は4月28日 2日後した。直接、何処かに行くといけないので、直ぐに水を蒔いたら、雨と勘違いして、同じビワの所に止まりました。直ぐに箱に入れて網を付け、小屋の後ろに置きました。これで4群目

5月4日モミジの木の下の第一分蜂の群れが突然静かになったので。中を確認すると、蜜を残したまま、一匹も居なく成って居ました。原因は分かりません?また、4群に成って仕舞いました。残念です。

5月8日10時に友人から電話が有り、また、分蜂をしたと、箱を持って行き、箱に入れて、夕方取りに行きが。次の日、箱を見に行くと動きが有りません? 中を確認すると入って居ませんでした。考えられるのは、当日早くに、箱には入れたのですが、その後、直ぐに他へ逃げたようで? 空箱を持って帰ってきたようです。5郡に成ったかと思ったのに?

次の日、5月9日友人の所に群れが居るというのでまた取りに行きました。すると驚いたことに、置いて在る箱の下に群がって居ました。逃げたハチかは分かりませんが、また、貰って来て、本堂の後ろに置きました。5郡目です。

5月11日、友人の所で分蜂が来そうなので、ハチは要らないかと言うので 箱を持って行き、置いて置くと、次に日に入りました。自分たちで決めた箱に入ったハチは場所が変わっても、あまり逃げようとはしませんが、無理やり入れてきたハチは2km以上離れないと、自分たちの決めた場所に行ってしまうようです。必ず網を掛けた方が安全です。この箱は、柿の木の下に置きました。これで6郡目です。

5月16日10時に、モミジの木の下家に置いて置いた箱に分蜂の群れが入りました。これで、また6郡に成りました。

6月6日2時、またまた友人の所で分蜂をした、友人の所にも2郡居たので、分蜂の数も多いと思うがそれ以外にも他から3郡来て5郡飼っているのでもう要らないと。私にくれるのですが、私の方もそろそろ置く場所がなくなって来ました。そして夕方、家に持って来て、逃げられないように網を付けた。これで7郡目。3日ほどして網を外してあげました。

6月16日、友人から電話、隣の家の庭に分蜂郡が来ていると言うので、貰いに行きて柿の木の前に、これで8郡に成って仕舞いました。

7月10日使わない巣箱を家の隅に置いて置いた所をふと見たら、何かが飛んでいました。巣箱に近づいて見て見ると、新しいハチの群れが入っていました。これで9郡目、すごい数に成って仕舞いました.7月16日また、置いて在る箱にまたハチが入って来ました。これで、私の所だけで10郡目に成りました。

ハチ仲間の友人が飼育しているのが2郡その他の友人が5郡、全部で17郡、また少し離れた友人が12郡居るそうです。その他にも自然の巣も有ります。こんなに谷中には、日本ミツバチが居るのかと改めて思います。

7月~8月に成って暑さのせいで外に出ている蜂がとても多く成って来ました。暑さのせいで出ているのだと決めて居ましたが、2~3日すると突然居なく成って仕舞います。結局は分蜂だったようです。今までですと夏に孫分蜂をすると、群れが弱りスムシの攻撃を受けて、ダメに成って居ましたが今年からはその被害は無く成りました。内から分蜂した群れも、また自然の中で群れを作って居るのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です