スズメバチバリアー

スズメバチバリアー

スズメバチバリヤーとはミツバチを飼育するとき、秋に成ると必ずやって来て、ミツバチを捕食しに来るのがスズメバチです。スズメバチにも黄色スズメバチとオオスズメバチが居て、特徴が違います。巣の作る場所。黄色スズメバチは軒下や高い木の上に巣を作ります。ミツバチが巣に向かい真っすぐに帰ってくるのを、巣に前で待ち構えて捕食します。オオスズメバチは地面の下に巣を作り、藪などの狭い場所を飛びながら、かいくぐる事ができます。特に頭が良く、黄色スズメバチやミツバチの巣を見つけると複数で襲い、ハチ全員食べてしまいます。

私はハチの飼育して、数多くスズメバチに捕食され、全滅して来ました。その中で、スズメバチがミツバチを捕食するのに決まりが有る事に気が付きました。ミツバチが帰って来るコースにスズメバチが待っていて、ミツバチの方からスズメバチに飛び込んで行く事を、まるで、羽田飛行場の滑走路の様に規則正しい動きでした。スズメバチの待ち構えている場所は巣の入り口の15㎝~20㎝の所で待っています。そこでミツバチに避難場所を作ってあげれば、ミツバチも命が助かるのではと考えた。でも簡単には行かず、色々と試行錯誤しながら作り、完成したので付けて見るとまた失敗。実験を繰り返しやっとの事、完成、他の方々にも試してもらいましたが、また手直し直し、30㎝の糸を垂らす事でスズメバチが嫌がって入って来ない事を確認したのですが、ミツバチも頭が良くて、自分で糸を咥えて糸同士を結ぶことが出来る事を知りました。それなら糸の先に重りを付ければと、それもうまくは行きませんでした。結局、30㎝の糸を15cmの半分にして見ましたら、結ばなく成りました。

またオオスズメバチは正面から来るのでは無く、横から攻めて来ると聞いて、また改良をしました。これで黄色スズメバチとオオスズメバチは入って来る事は出来無く成りました。これで完成です。

皆さんが使ってくれれば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です